Passo a Passo
2005年 06月 10日
なんとしっかりした お子さま
夕方いつもの散歩コース。のどかな田園風景も、最近は点々と新興住宅で埋め立てられ、なんとなく「ノビノビお散歩〜」という感じがしなくなってきている。
しかしそのせいか?この辺りには子供が結構たくさんいて、道端でワイワイ楽しそうに
たむろして遊んでいたりする。今日は時間が遅いせいか、誰もいないなぁ、と思いながら歩いていたら、お爺さんと一緒に犬の散歩をする10歳くらいの女の子が。
「わぁ〜〜かわいい!」メアを見て走り寄ってきた。
メアはおっかなビックリするも、喜んで女の子にピョンピョン飛びつく。
私「あ、こらっメア!・・・ごめんねー」
女の子「いえ。犬は慣れてますから。どうぞおかまいなく!大丈夫ですからっ」
私「は・・はい、、それじゃお構いしません。ので・・・(;^^)」
あまりにハキハキと受け答えする小さな女の子に恐れ入ってしまい、変な日本語を口走ってしまう私(;^^) 
女の子が犬のオヤツを持っているらしく、益々飛びつくメアリー・・・>おい(--;
女の子「あ、コレあげてもいいですか?このオヤツは野菜やレバーが入っていて栄養
    バランスもよくて、身体にとてもいいんです」
いやはや、ホンマにしっかりしたお子様で・・・ これだけのことを初対面のオバさんに話せるなんて、今の私でも出来ない(。☆)\バキッ!
ピョンピョンするメアを制して座らせ、そのお勧めオヤツを頂く。
女の子「この子ばかりじゃ可哀想。そっちの子(バーディー)にもあげていいです   
    か?」
ハイハイ、もちろん。あげてもよろしくてございます(笑)遠慮なく、いただく(;^^)
頂きっぱなしでは申し訳ないので、ポケットにあったアガリクス入りのおから煎餅を女の子にお返しする。「このおから煎餅はガン予防になるアガリクスが入ってるんです」
と身体に良いこともアピールしておく(笑)
遠くまで行っちゃったお爺さんが、女の子を呼んでいる。
「はぁーーい!今走って行くから!」と叫んだ後、「いつもこれくらいの時間に散歩されてるんですか?また会ったら遊んでください。お願いします」
って。なんとまぁ、こんなに小さいのに最初から最後までご丁寧な(^^)
若い人や、そうでない人も日本語や礼儀が乱れていると言われる昨今。
そう悲観することはないのかも?こんなにシッカリと振舞える、未来のオトナに期待しましょう。私も気をつけなくては・・アセアセ(^^;)
こちらこそ、またお会いしたらよろしくね!
[PR]
アッコ by akokit0512 | 2005-06-10 22:20 | Dog life

<< 雨の愛・地球博@激混みでござい〜 パッコンその後(;^^) >>