Passo a Passo
2011年 07月 07日
診断結果
バーディー、動物病院。
先日、検査センターに出した診断結果が出た。

悪性リンパ腫 消化器型(ハイグレードタイプ)

だそうで、、、前回の診察でリンパ腫ということは聞いていたので、さほどショックは受けなかったものの、「消化器型」であることにちょっと驚いた。
バーディーの場合、下痢も嘔吐もなく、食欲も旺盛で、消化器なんかどこも悪くなさそうでしたから。
これからそんな症状が次々と現われるんだろうか、、、

このタイプのリンパ腫は特に悪性度が高く、進行が早い上、抗がん剤治療をしても寛解に至りにくいらしい。加えて老犬ともなると、更に抗がん剤は効きにくく、体力や食欲が奪われるのみになる可能性も高い。ほんのわずかな延命処置で、かえって長患いをさせて辛い思いをさせるのも可哀相なので、ステロイド単独の緩和療法をお願いしました。
ステロイドは、がん細胞の増殖を押さえる効果はないのですが、症状を和らげる効果はあるので、それを期待しての治療です。
でもステロイドは副作用も強いので、それも心配です。と先生に言ったら、
ここにきて、副作用の心配をしている場合ではない、とのことでした(;-_-;)



去年(2010年)美山にて。
d0063719_031867.jpg

[PR]
アッコ by akokit0512 | 2011-07-07 23:28 | リンパ腫

<< モコモコばーでー君、さようなら 今年も健在です>長良ワニ >>