Passo a Passo
2011年 06月 29日
リンパ腫(仮診断)
バーディー、動物病院。

脱肛が益々酷くなった。特大の梅干しが肛門から半分顔を出してるような感じ。
ジワジワ滲み出すように出血もしている。う○ちをするときは力が入るので、ちょっと出血が多くなる、、、といっても、少しポタポタっと落ちるくらい。痛がってはいない。
腫れ方や状態が、口とよく似ている。やっぱり無関係とは考えにくいと思う。

今回は特に、急に悪化した肛門をよく診てもらった。
「ちょっと預からせて下さい〜」と、バーディーだけ奥に連れて行かれた。
待合室で待つ私。
しばらくして「わぉん!わぉぉん!(T_T)」とバーディーの悲鳴?が(>_<)
肛門付近の腸に腫瘍などがないか、直接探って診てもらったようだ。

先生「腸に腫瘍はありませんでした。ただ、肛門から直接採取した細胞を顕微鏡で見たところ、大型のリンパ球がたくさん見つかりました。これはリンパ球の癌、リンパ腫です。」
と言って、顕微鏡で採取した細胞を見せて下さった。

悪性の腫瘍、、、多分そうじゃないかとわかってた。
でも、リンパ腫だとは思ってなかった。
こうして診断が下されると、やっぱりショックで言葉を失った。
涙が止まらなくなって、何も考えられなくて、先生の言葉も聞いているのかいないのかわからなかった。

ただただ、「バーディーと永遠にお別れする日がそんなに遠い未来ではない」という現実を突きつけられて、愕然とした。。。
バーディー15歳。3ヶ月の子犬の頃から一緒に暮らして来た。もう充分と言えば、そうかもしれない。でも、気持ちはそうはいかない。もっともっと一緒にいたい。まだまだ思い出の中の存在にしたくない。いつかは来る別れ、とわかっていても、その「いつか」は来て欲しくない。

先生から、リンパ腫についての資料を渡され、いくらかの説明も受けたけどあまりよく覚えていない。詳しく調べるのに、採取した細胞を検査センターに出します、と言われた。

プレロン(ステロイド)…5mg/day→10mg/day 倍に増量。

バーディーはそんな病気にも関わらず、相変わらず食欲旺盛で、下痢もしてなくて救われる。
食欲旺盛なのは、ステロイドの副作用でもあるようで、病気をする前よりもよく食べるようになり、あげてもあげてもクレクレ状態で、ちょっと困っているくらい(^o^;
[PR]
アッコ by akokit0512 | 2011-06-29 01:40 | リンパ腫

<< Happy 6th Birth... 苦い薬が増えました >>